Already a member? Log in

Sign up with your...

or

Sign Up with your email address

Add Tags

Duplicate Tags

Rename Tags

Share It With Others!

Save Link

Sign in

Sign Up with your email address

Sign up

By clicking the button, you agree to the Terms & Conditions.

Forgot Password?

Please enter your username below and press the send button.
A password reset link will be sent to you.

If you are unable to access the email address originally associated with your Delicious account, we recommend creating a new account.

ADVERTISEMENT
ADVERTISEMENT

Links 1 through 10 of 6481 Masayuki Maekawa's Bookmarks

選挙期間中に、SNSで悪いデマが広がっても、公職選挙法のせいで被害者はそれをSNS上で否定できない…というのは、選挙のセキュリティホールっぽいな…

Share It With Others!

ドコモ「報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。」 _人人人人人人人人人人人_ > 最新がAndroid4.1の現在 <  ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

Share It With Others!

アリューシャンマジックの撮影中、日本の特別天然記念物、アホウドリと遭遇しました。マジックの最中、クジラの激しい動きに巻き込まれて、魚やオキアミの市街など大量の浮遊物が出ます。アホウドリはそれを求めて、日本からはるばる5000キロも旅をしてきたのです。アホウドリは、全世界に2500羽ほどしかいない希少な鳥。IUCNのレッドデータブックにも登録されている絶滅危惧種です。滅多に見ることのできないアホウドリを撮影できただけでも幸運なのですが、それを上回る大発見がありました。世界で初めて人の手によって育てられたアホウドリの若鳥に出会ったのです。同行した研究者は、その人工飼育プロジェクトのメンバ-。私もその撮影を行った当事者ですので、二人して言葉では言い尽くせない感動を分かち合いました。日本列島並に広い海で、これまでに人工飼育された40羽のうちの1羽に出会えたことはまさに奇跡。

Share It With Others!

Share It With Others!

―― 一方で、先発にはダルビッシュという大黒柱がいました。吉井さんがコーチに就任される前年(2007年)に15勝(5敗)を挙げてリーグ制覇に貢献し、沢村賞のタイトルも獲っています。当時のダルビッシュ投手は、すでに頭ひとつ抜けた存在だったのですか。

「いえいえ、投手としてはまだまだでしたよ。僕の前に投手コーチをやられていた佐藤(義則)さんから教わったことを懸命に取り組んでいました。そのひとつが投球パターンの確立でした。つまり、絶対に三振が取れる必殺パターンの確立です。ピンチの時、いちばん安全にアウトを取れるのが三振です。当時もかなりの確率で三振を取ることはできていたのですが、もっと確実に三振を取るためにボールの精度を上げ、配球の研究をしていましたね」

―― 実際、吉井さんがコーチになられてからダルビッシュ投手に変化はありましたか。

「ストレートの勢いだとか、変化球のキレはもちろんなのですが、気持ちの部分での成長が最も変わったところですね。それまでは打たれたり、調子が悪かったりするとすぐに顔に出ていたんですが、歳を重ねるごとに表情を変えず投げられるようになってきました。常にマウンドでは堂々としていて、まさにエースの風格が出てきましたよね」

―― ダルビッシュ投手に関して、吉井さんは何か指導されることはありましたか。

「ダルビッシュの場合は、佐藤さんがきっちり教えてきたと思いますので、僕はただ見守るだけでした。たまにダルビッシュから、『ここを意識して見ておいてください』と言われることはありましたが、僕から『ああしろ、こうしろ』というのはなかったですね。言わなくてもすべて自分で考えて、しっかりやっていました。ダルビッシュを見ていると、口に出さなくてもどんなことに取り組んでいるのか、わかることが多かったですよ」 ホントによっさんが指導してたのね。

Share It With Others!

「とにかく動くもの作ってよ汚くてもいいから」が「なんでこんなバグがあるの?」とか「なんでもっと早く機能追加できないの」に早晩行き着くのが目に浮かびます。

Share It With Others!

収入には喜びを乗せ、支出には体験を乗せる。喜びのある仕事から収入を得て、体験のある支出を行う。それが収支の面から日々の満足感を継続性をもって高めるガイドラインだと思うよ。犠牲によって収入を得て、解消のために支出を行うのは・・・例えるなら、溺れているようなものだ。

Share It With Others!

「君がたった1人の影響しか受けていなければ、君は第2の○○と呼ばれるだろう。だが、100人から盗んでしまえば、”君はオリジナルだ!”と言われるのだ(ゲイリー・パンター)」

Share It With Others!

サイト・ページという枠組みから始める作り方では、個々のデバイス対応という後追いなアプローチになりやすくなりますが、コンテンツという普遍的な存在から始めれば、柔軟性をもったサイト構築と運営がしやすくなります。利用者が使うデバイスや利用環境に応じて、最適なソリューションを提供するという丁寧なやり方ができればベストですが、それを作るために多大な時間と費用がかかって待ち続けなければならないのであれば、最適な方法ではないとしても1日でも早くコンテンツを届ける方法を優先して考えた方が良いと思います。それこそ、情報のアクセシビリティではないでしょうか。

Share It With Others!

Share It With Others!

ADVERTISEMENT
ADVERTISEMENT
ADVERTISEMENT